So-net無料ブログ作成

神奈川の男性2人不明=中央アルプス宝剣岳−長野県警(時事通信)

 長野県の中央アルプス・宝剣岳(2931メートル)に入山した横浜市緑区三保町の会社員原田和徳さん(34)と、神奈川県茅ケ崎市中島の自営業大森康弘さん(56)が行方不明になり、県警駒ケ根署は29日、捜索を始めた。
 同署によると、2人は40代男性と30代女性とともに計4人で28日に入山。日帰りで千畳敷カールから宝剣岳山頂を往復する予定だったが、天候悪化で山頂近くの鎖場で2人ずつに分かれたという。男女は現地でビバークし、29日午前、ロープウェイで千畳敷に戻ったが、原田さんと大森さんが戻らないため、同署に救助要請をした。 

【関連ニュース】
津波警戒に全力=鳩山首相「一人の被害も出さない」
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
山中の河原で男性死亡=別の1人負傷、不明8日
点検窓外れ浸水、通報4時間後=新潟沖の遊漁船沈没
機体不具合の可能性低い=長崎ヘリ不時着事故で海幕長

感無量…感動した…菅家さん万感の思い(読売新聞)
<交通事故>パトカーが事故車に追突 警官ら2人重体 新潟(毎日新聞)
東京で桜開花=平年より6日早く−気象庁(時事通信)
「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議−警察庁(時事通信)
九州西岸の副振動、小さく=沖縄は強風、高波注意−気象庁(時事通信)

ギョーザ中毒 逮捕 注射器、下水道から2本 中国当局押収 針にメタミドホス(産経新聞)

 【北京=川越一】中国製ギョーザ中毒事件で、中国の公安当局に逮捕されたギョーザ製造元、天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)が犯行に使用したとみられる注射器2本が下水道から見つかっていたことが27日、わかった。公安当局は動機や犯行状況、共犯者の有無について詰めの捜査を続けている。

 中国外務省の秦剛副報道局長は27日、「中国当局が2年以上にわたり、怠らず入念に捜査してきた結果だ。被害者にとって慰めとなるよう希望する」との談話を発表した。

 日本の警察庁は、日中間に犯罪人引渡条約がなく、中国国内でも被害者が出ていることなどから、身柄引き渡しは非現実的だとして、日本の消費者を狙った殺人未遂事件として中国当局が国外犯規定を適用して日本の殺人未遂罪に相当する罪での「代理処罰」を行うことを期待している。 

 警察庁によると、中国公安当局が押収した注射器は、呂容疑者の供述に基づいて見つかった。針からメタミドホスが検出されているという。

 呂容疑者は臨時従業員として食堂の管理人を務めていたが、動機について「長期間臨時従業員として勤務したが、正社員にしてもらえなかった」などと待遇面の不満を供述。中国国営新華社通信は、ほかの従業員とのトラブルもあったと伝えている。

                   ◇

 鳩山由紀夫首相は27日午前、中国製ギョーザ中毒事件での容疑者逮捕を受け、「中国側関係者の努力を評価し、さらなる真相究明を期待する」とのコメントを発表。同時に「ひき続き中国側との間で意思疎通を密にし、相互に協力していく。本件が早期に解決し、日中関係がさらに発展することを期待する」と強調した。

<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
中井氏の「女性問題報道」 賛否含め侃々諤々の中身(J-CASTニュース)
阿久悠さん 顕彰モニュメントの鐘 兵庫県洲本市に完成(毎日新聞)
普天間 米、現行案履行要求へ 下旬の外相会談 変更なら継続使用(産経新聞)
火振り神事 炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)

<殺人容疑>父が37歳息子をハンマーで殴殺 愛媛(毎日新聞)

 19日午前1時45分ごろ、愛媛県松前町(まさきちょう)西古泉、アルバイト警備員、三好栄容疑者(61)から「自宅で就寝中の息子をハンマーで殴ってしまった」と県警伊予署に電話で届け出があった。駆け付けた同署員が、こたつに入った状態であおむけに倒れて頭から血を流している長男の無職、光(こう)さん(37)を見つけ、三好容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。光さんは松山市内の病院に搬送されたが死亡が確認された。同署は殺人容疑に切り替え、動機などを調べている。

 同署によると、三好容疑者は妻と光さんの3人暮らしで、同日午前1時40分ごろ、光さんの頭を数回殴ったという。調べに対し、親子間の問題があったと供述している。

 周辺の住民によると、近所付き合いはほとんどなかったという。【柳楽未来、村田拓也】

北海道に賠償命令=「おとり捜査」訴訟−札幌地裁(時事通信)
<「円天」詐欺事件>元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)
<日本芸術院賞>洋画の山本文彦氏ら9人 09年度受賞(毎日新聞)
<社民>同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的(毎日新聞)

<子供性描写規制>都議会総務委、継続審議決める(毎日新聞)

 漫画やアニメでの18歳未満の性描写を規制する東京都青少年健全育成条例改正案について、東京都議会総務委員会は19日、継続審議とすることを全会一致で決めた。改正案は、条文の見直しも含めた検討を経て6月の定例議会で改めて審議される見通しとなった。

 条例改正に批判的な民主党、共産党、生活者ネットワーク・みらいの3会派が継続審議に合意し、委員の過半数がまとまったのを受け、自民、公明両党も同調した。【鮎川耕史】

【関連ニュース】
日本ペンクラブ:児童ポルノ規制の都条例改正案に反対声明
都議会:性描写規制の条例改正案で3会派が継続審議で合意
都青少年健全育成条例:改正案 漫画、ゲームなど性描写の規制強化
都青少年健全育成条例:改正案 漫画の子供性描写規制、3会派「継続審議」合意
都青少年健全育成条例:改正案 日本ペンクラブ、反対声明

女米兵聴取、容疑認める 沖縄ひき逃げ(産経新聞)
普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
政権半年で首相「即決する時、自分の意思示す」(読売新聞)
<DV>認知件数、過去最多 ストーカー行為も…09年(毎日新聞)
広末涼子さんが追突事故=乗用車に、けがなし−東京(時事通信)

国会改革法案、来週審議入り=政治主導法案も−与党3党(時事通信)

 民主、社民、国民新の与党3党は16日午前、国会内で国対委員長会談を開き、官僚答弁の制限や副大臣・政務官の増員を柱とする国会改革関連と国家戦略室を局に格上げする政治主導確立の両法案について、来週中に衆院本会議で一括して趣旨説明を行い、審議に入る方針で一致した。 

<輿石氏宅違反転用>固定資産税は義弟負担 農地で格安課税(毎日新聞)
梅 偕楽園の3000本が満開 水戸(毎日新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で−鳥取(時事通信)

<掘り出しニュース>ホワイトデー まんとくん、蓮花ちゃんにお返しの和菓子(毎日新聞)

 14日のホワイトデーを前に、葛城市の公式マスコットキャラクター、蓮花(れんか)ちゃんから「友チョコ」をもらった平城遷都1300年祭の民間キャラクター、まんとくんが、お返しの和菓子を手渡した。

【まんとくんは友達どまり?】蓮花ちゃん、きっちり仕分け?まんとくんは友チョコ せんとくんには・・・

 まんとくんは葛城市当麻の当麻寺西南院を訪れ、庭園で蓮花ちゃんに和菓子を贈った後、近くの市相撲館でデートを楽しんだ。

 この日、蓮花ちゃんは平群町のマスコットキャラクターの左近くん、長屋くんら4キャラからもプレゼントを受け取り、喜んでいた。【山本和良】

【関連ニュース】
【写真特集】まんとくん:春日大社参拝
【写真特集】まんとくんのライバル せんとくん:初の銀座で握手会 
【写真特集】ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!海外からも初参加
【特集】毎日jpのゆるキャラ「コッコ」 ついに東京に立つ!

新製法のフライドチキン、KFCが25日発売(産経新聞)
<東文研>確認前に「お墨付き」 クモ発生の新潟市美術館に(毎日新聞)
【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(2)(産経新聞)
<ハイチ地震>PKO20人が帰国(毎日新聞)
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅(産経新聞)

事故通報怠り、味の素に警告=事業所の火災や劇物漏えい−三重の消防(時事通信)

 大手食品メーカー「味の素」(東京都中央区)の三重県四日市市にある東海事業所が、火災や劇物漏えい事故を通報しなかったとして、同市の消防本部は10日、石油コンビナート等災害防止法の通報義務違反に当たる恐れがあるとして、同社に警告した。同社の三輪清志専務は同日、同市内で記者会見し「申し訳ありません。本社も支援して安全操業に努めたい」と謝罪した。
 同社によると、2007年6月〜09年11月、調味料製造プラントに隣接する貯蔵タンクから塩酸水溶液1000リットルが漏れた事故や、定期修理で配管を切断中に火花が布きれなどに燃え移った火災など計10件を消防に通報しなかった。いずれも、人的被害や外部への影響がなかったためという。 

就職内定率9割 東大阪・たまがわ高等支援学校(産経新聞)
国後沖銃撃、僚船14隻も船位装置停止認める(読売新聞)
「すべて物理の法則で動く」=野口さん、理科教材用に宇宙実験(時事通信)
伝えたいと思っても…親への感謝伝えぬ受験生(産経新聞)
女性触った職員を懲戒免職=NHK(時事通信)

卒業式も「一緒に」…豪雨死亡の中3生、友人らに卒業証書(産経新聞)

 兵庫県佐用町で昨年8月、豪雨災害のため亡くなった中学3年の井土未晴さん=当時(15)=が通っていた町立上月中学校で10日、卒業式があり、未晴さんの卒業証書を仲の良かった友人が代わりに受け取る。

 昨年8月9日夜、台風9号による豪雨に見舞われ、母小百合さん=当時(47)=と町営住宅から避難所へ向かう途中、濁流に流されたとみられる。

 同校によると、教室には今も未晴さんの机があり、花が置かれている。修学旅行に未晴さんの写真を持っていくなど、同級生たちはその後も「一緒に」との思いで学校生活を送ってきたという。

 式では、未晴さんがファンだったタレント上地雄輔さんも参加するグループの曲「泣いてもいいですか」を同級生が合唱。秋の音楽祭に向け、未晴さんと練習を重ねていた曲だった。

【関連記事】
水害被害1664億円 過去10年間で最少
豪雨の行方不明者が32人に 死者は42人 マデイラ島
死者は40人以上に モロッコのモスク倒壊
民家40戸が泥流被害 ロス北郊で集中豪雨
台湾の昨夏の台風被害、死者・不明は699人 行政院が発表
20年後、日本はありますか?

<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 夢は世界最高空間(産経新聞)
副大臣が4回長崎出張=知事選前、農水相も1回−政府答弁書(時事通信)
刑務所出所 仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
トラック スーパーに突入…ATM狙う? 札幌(毎日新聞)

「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え−中2女子自殺で両親・東京(時事通信)

 「学校で何かあった」「しっかり調査を」。東京都清瀬市立中学2年の女子生徒(14)が、いじめを受けたとほのめかす遺書を残して自殺した問題で、両親が3日、自宅で取材に応じ、学校側が一層の調査をするよう求めた。
 父親(52)は、いじめを把握していないとする学校側に対し、「もっとしっかり調べてほしい」と要望。1日の臨時保護者会では、血に染まった女子生徒のシャツを手に遺書を読み上げて真相解明への協力を訴えたといい、「必ず学校で何かあったと思っている」と語り、厳しい表情を見せた。
 母親(53)は「(学校側は)いじめの有無の説明などに終始していた。誠意が感じられず、がっかりした」と話した。校内での出来事や生前の様子は聞けなかったという。
 女子生徒はまじめで穏やかな性格といい、「イラストの勉強がしたい」と話していたという。
 遺書は遺品の整理中、女子生徒のノートに挟まっているのが見つかった。母親は「小さく縮こまって、絶望しきったような字。周りが信じられなくなっているような感じを受けた」と声を詰まらせた。 

【関連ニュース】
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書
いじめ把握、取り組み低調=アンケート徹底を
暴力行為、最多の6万件=中高生136人が自殺

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
女子学生にセクハラ、米国籍教授を諭旨退職(読売新聞)
新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)

<強制わいせつ>NHK職員に有罪判決 電車内で女性触る(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。